アスピア明石とは

「アスピア明石」は、東仲ノ町地区市街地再開発事業の中核施設として計画された複合型の商業施設です。北館、南館、東館の3つのビルから構成されており、北館・南館には明石市生涯学習センターや大型ショッピングセンター、駐車場、住宅などが配置されており、東館には郵便局、店舗、住宅、駐車場(住宅専用)などが配置されています。「アスピア明石」は、明石市の中心市街地の街並みの整備と活性化を図ることを目的に整備が図られた施設で、本来は、北館、南館、東館の3つのビル全体を指しますが、今日一般的には、大型ショッピングセンターの呼称として使われる傾向があります。

コンセプト

北館・南館・東館で構成されている「アスピア明石」は、複合型専門店街によるショッピングセンターを核として、公益的施設、住宅、駐車場が一体的に機能し、明石中心市街地におけるシンボルとなる施設です。特に施設全般に情報化、バリアフリー化に留意した施設計画により、都市生活者のニーズに答えるとともに、人に優しい空間づくりとなっています。今後、明石の中心市街地において賑わいを生み出す回遊性の拠点となり、コミュニティの中心として人と街が溶け合う新しい空間を創りだします。

施設概要

施設名 アスピア明石
所在地 兵庫県明石市東仲ノ町6番1号
主要用途 住宅、公益的施設、店舗、事務所、駐車場、駐輪場
敷地面積 12,614平方メートル
延床面積 北館・南館:80,936平方メートル(容積率590.57%)
東館:10,263平方メートル(容積率445.50%)
ショッピングセンター
店舗数(北館・南館)
90店舗
ショッピングセンター
駐車場台数(北館・南館)
662台

アスピア明石のネーミング

アスピア明石
ネーミングの由来は、「明日に架ける桟橋」と「ユートピア」の造語です。当施設が、明日に架ける桟橋のような存在になり、ユートピアのような場所になるよう、願いを込めて名づけられました。

アスぴょんについて

アスぴょん
アスピア明石キャラクター「アスぴょん」です。アスピア明石が大好きなこの子。大きな虹色の耳と持ち前の行動力で、旬の情報をすばやくキャッチ。からだの色は、明石を映し出すといわれ、青は海、ピンクは人々のあったかいハート、黄色は明石のまちを表現しています。性格:誰とでもすぐ仲良くなる前向きな性格で、「夢いっぱいの明日へピョン」がモットー。
このページの先頭へ